無印、銀座に「MUJIホテル」を開業した真意

過去最高益続くが、銀座で「新ブランド戦略」

東京・銀座にオープンした良品計画の「MUJI HOTEL」(撮影:今井康一)

「ホテルを運営するのは長年の夢だった」

生活雑貨店「無印良品」を展開する良品計画の松﨑曉社長は、4月2日に開かれた内覧会の場で感慨深げに語った。

高級ブランドショップがひしめく東京・銀座の並木通り。その一角に立つ新築ビルの7階から10階に、良品計画が手掛ける「MUJI HOTEL」(客室79室)が入居し、4月4日にグランドオープンした。

ホテル進出は国内初めて

良品計画はMUJIホテルを中国・深センと北京に昨年開業したばかり。今回が国内初出店となる。ホテルの運営は小田急電鉄グループのUDSに委託し、良品計画はホテル全体のコンセプト作りやデザイン監修を担う。

ホテルには、無印のブランドイメージが色濃く反映されている。客室はシンプルだが必要な備品がすっきりと収納され、「洗えるマットレス」など無印で人気の商品が装備されている。

客室は9タイプあり、備品の多くは無印の店舗で販売されているものだ(撮影:今井康一)

サービス面でも、消費者目線でのわかりやすさを追求する。消費税とサービス料込みで宿泊価格(1万4900円~5万5900円)を表示し、宿泊価格は年間を通して変動しない仕組みを採用。そのため、「Expedia」などのホテル予約・価格比較サイトには一切掲載しない方針だ。「無印の思想を体現するホテルを目指して、良品計画と協議してきた」と、ホテルを運営するUDSの梶原文生会長は強調する。

次ページBtoB事業を強化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。