「C-HR」が苦戦?人気SUVが飽きられ始めた理由

好調だったSUVだが、直近では登録台数が減少

さらに言えば、SUVのカテゴリーが曖昧に広がっていることも、人気をわかりにくくしている原因だ。例えばスズキハスラーは、SUVであり、同時に軽自動車にも含まれる。三菱デリカD:5も、SUVでありミニバンだ。

今はタイヤが収まるフェンダーのホイールアーチをブラックの樹脂で縁取り、ボディーの下側にアンダーガード風の樹脂パーツを装着すれば、何でもSUVに含まれてしまう。コンパクトなSUVを求めるユーザーが、ハスラーのような中間的な車種を買えば、SUVの人気が下がるわけだ。

三菱のディーラーからも「デリカD:5を新規で購入されるお客様は、アウトランダーなど三菱のSUVに加えて、エクストレイルやスバル・フォレスター、さらにBMW・X3など、いろいろなSUVに乗っている。デリカD:5はSUVからの乗り替えが多い」という声が聞かれた。

ハスラーやデリカD:5は、基本的には実用重視の軽自動車とミニバンだが、外観をSUVの手法で仕上げることにより、趣味性が加わって人気を高めた。

SUVのカテゴリーが今後、求められるもの

つまりSUVは、クルマをおいしくするスパイスだ。軽自動車からLサイズミニバンまで、SUVの外観がいろいろな車種の魅力を引き立てる。ハリアーやC-HRのような典型的なSUVの売れ行きは減っても、三菱eKクロスのような中間的な車種は増加傾向で、SUVのスパイスがいろいろな車種に拡散されるようになった。

スバルはかつてレガシィツーリングワゴンをベースにしたアウトバック、インプレッサスポーツをSUVにアレンジしたXVを成功させている。この手法が今後は、eKクロスのように幅広い車種に採用されていく。

これはSUVが新しい段階に踏み込んだことを意味するが、商品開発は簡単ではない。日産ノートCギアはサッパリ売れず、トヨタアクアXアーバンも、アクアクロスオーバーに改良されたが人気のグレードには至っていない。最低地上高(路面とボディーの最も低い部分との間隔)や外装パーツなど、外観のわずかな違いが明暗を分ける。

理屈では割り切れないところなので、どれだけユーザー目線に近づけるかが問われる。今のクルマの話題は電動化、自動運転、通信機能、シェアリングに及ぶが、商品として成功させるには、昔からの「カッコよさ」も大切だ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。