アマゾン「売れているビジネス書」ランキング

テレビの影響で「メモの魔力」が1位に再浮上

『FACTFULNESS』の5週連続1位はなりませんでした(画像:Fast&Slow / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、3月17日~23日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『メモの魔力』が1位に返り咲き

今週(3月17日~23日)のランキングでは、前週2位だった『メモの魔力 The Magic of Memos』(前田裕二著、幻冬舎)が1位に返り咲いた。日本テレビ「シューイチ」で特集されたことが影響した模様だ。

『メモの魔力』(画像をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

2位には、前週5位だった『ブチ抜く力』(与沢翼著、扶桑社)がランクインした。「日刊SPA!」の記事で紹介されたことが影響したという。

3位には、前週1位だった『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP社)がランクインした。特別な要因はなく、毎日安定して注文が集まっているという。

初登場ながら11位にランクインしたのが『「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文』(西岡壱誠著、東洋経済新報社)だ。「東洋経済オンライン」の記事の影響で、発売日からランキングが急上昇した模様だ。

次ページ以降、198位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む本」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
金利・為替・企業業績を検証<br>暗転する世界経済

8月の金融市場は波乱の展開となった。市場の不安心理を増幅する、貿易の不均衡をめぐる米中対立は激化の一途だ。懸案はそれだけではない。日本や欧州も含め、金利、為替、株、金価格、日本の企業業績など、影響を幅広く検証する。