新東名に現れた「自転車」で降りれるSAの正体

高速道路を自転車で走ることは可能なのか

ところで、サイクリストにとってわが国の最大の聖地は、広島県尾道市から愛媛県今治市まで、瀬戸内の島々に沿って架橋された「しまなみ海道」であろう。私のサイクリストの知人も多くがすでにここを走破しているし、いつか走りたいと口にする仲間も少なくない。

この区間は、西瀬戸自動車道という本四高速会社が運営管理する高速道路がメインだが、すべての橋に原付も含めた自転車歩行者道がついており、橋の部分では自転車で高速道路と並走することができる。

海外にも知られる聖地「SHIMANAMI」

「SHIMANAMI」は今や海外のサイクリストにも認知されつつあり、外国人サイクリストの姿を見かけることも珍しくない。通常は橋ごとに自転車の通行料が必要だが、2020年3月まではすべての橋の通行料が無料になる「しまなみサイクリングフリー」が実施されている。

さらに、2014年から隔年で、西瀬戸自動車道を通行止めにして、自転車の走行イベント「サイクリングしまなみ」が開催されてきた。昨年は10月28日に開催され、7000人を超える参加者が集まった。

最長のコースは尾道―今治間の全コースを往復する140㎞。東名高速道路で東京から西へ向かえば、富士川を越えて由比パーキングエリアあたりまでの距離に匹敵する行程をすべて自転車で走れるのだ。

誤って高速道路に進入する自転車は論外だが、信号も歩行者もいない空間を自分のペースで走れたらと願うサイクリストは多いはず。しまなみ海道のイベントは地元の自治体の深い理解とサポートで成り立っていて、どこでも可能なことではないが、車と自転車はともに人の移動を担う重要な手段であることには変わりなく、相互の理解のためにも車への迷惑をできるだけ抑えながら、たまには高速道路をサイクリストに開放するイベントがもっとあってもよいのかもしれない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。