経済順調でもくすぶる、日銀の追加緩和観測

消費増税の環境整備、政策を総動員か

安倍首相は20日のテレビ番組で、来年4月の消費増税でその後の消費の反動減は避けられないとの見方を示したうえで「(来年)7─9月に景気が今の勢いに戻るようにしたい」と発言。その上で2度目の増税について「7─9月の景気が戻るかどうか、数字が出てくる。それを確認して判断する」と述べ、増税から半年以内の景気の改善状況が、カギになるとの見解を示した。

消費増税の消費への影響、「よく注視していく必要」

黒田総裁は会見で、2回の消費増税が実施されても基調的には潜在成長率を上回る成長が確保されるとし、「今の時点で大きな問題が起こるとは思っていない」と語った。

ただ、駆け込み需要の反動減によって来年4─6月の成長が低下する可能性は「十分にある」と指摘。増税負担による消費への影響を「よく注視していく必要がある」と警戒感もにじませた。

政府内では、2016年には衆参両院で選挙となる可能性があることから、2度目の消費税率引き上げの先送りは、事実上の増税断念と警戒する声もある。

増税の悪影響回避に向け、政府は総額5.5兆円の2013年度補正予算を閣議決定したが、消費増税後の早期景気回復が実現できるかは予断を許さない。さらなる財政出動と金融緩和という政策総動員への思惑が、今後も市場でくすぶり続けることになりそうだ。

(伊藤純夫 編集:田巻一彦)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT