白川静 漢字の世界観 松岡正剛著

白川静 漢字の世界観 松岡正剛著

2006年に96歳で亡くなった『字統』『字訓』『字通』の字書3部作で知られる白川静。生涯を漢字・文字の研究、東洋文化の解読に捧げた。その膨大で難解な著作群、余りの孤高ぶりに、学会では本流とはなりえなかったが、一部に熱狂的な支持者もいる。白川の学問、思想、人生から全体像をまとめた博覧強記で知られる著者はその一人。

白川は「漢字には文字が生まれる以前の悠遠なことばの時代の記憶がある」と説いた。漢字を解読し語源をひもとく試みは、歴史的世界観を訪ねること。それは単なる文字学を軽く飛び越える。その成り立ちから古代人の息吹を感じ取る様は、まさに言葉が「言霊」だということを知らしめる。甲骨文等、資料も充実。

平凡社新書  819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT