アマゾン「売れているビジネス書」ランキング

「がっちりマンデー!!」の影響で大変動

『FACTFULNESS』が2週連続で1位を獲得しました(画像:しげぱぱ / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、1月20日~26日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『がっちりマンデー!!』紹介の2冊が急上昇

今週(1月20日~26日)のランキングでは、『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP社)が2週連続で1位に輝いた。特別な要因はなく、安定して注文が集まっているという。

『FACTFULNESS』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には前週142位だった『社員の力で最高のチームをつくる』(ケン・ブランチャード著、ダイヤモンド社)が、3位には前週ランク外だった『[新版]競争戦略論I』(マイケル E. ポーター著、ダイヤモンド社)がランクインした。

アマゾンによると、いずれもTBS『がっちりマンデー!!』で紹介されたことが影響した模様だという。

前週ランク外から34位につけたのが『〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略』(ジョアン・マグレッタ著、早川書房)だ。こちらも、『がっちりマンデー!!』でマイケル・ポーターの著書が紹介された影響だといい、テレビの影響力の強さが改めてうかがえる。

次ページ以降、197位までの200冊までランキングを紹介する。「次に読む本」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
熱狂は終わるか<br>IPO総点検

ベンチャー投資の活況が続く中、2019年は86社が新規株式公開(IPO)を果たしました。ただ、秋から公募割れが頻発するなど変調も見えます。市場で起こっている実態に迫りました。若手起業家が選んだ「すごい投資家」ランキングも掲載。