アマゾン「売れているビジネス書」ランキング

「がっちりマンデー!!」の影響で大変動

『FACTFULNESS』が2週連続で1位を獲得しました(画像:しげぱぱ / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、1月20日~26日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『がっちりマンデー!!』紹介の2冊が急上昇

今週(1月20日~26日)のランキングでは、『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP社)が2週連続で1位に輝いた。特別な要因はなく、安定して注文が集まっているという。

『FACTFULNESS』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には前週142位だった『社員の力で最高のチームをつくる』(ケン・ブランチャード著、ダイヤモンド社)が、3位には前週ランク外だった『[新版]競争戦略論I』(マイケル E. ポーター著、ダイヤモンド社)がランクインした。

アマゾンによると、いずれもTBS『がっちりマンデー!!』で紹介されたことが影響した模様だという。

前週ランク外から34位につけたのが『〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略』(ジョアン・マグレッタ著、早川書房)だ。こちらも、『がっちりマンデー!!』でマイケル・ポーターの著書が紹介された影響だといい、テレビの影響力の強さが改めてうかがえる。

次ページ以降、197位までの200冊までランキングを紹介する。「次に読む本」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT