海外旅行中なのにポケモンGO漬けな男の執念

ゲットのためにメキシコまで渡航してみた

結果、それが正解だった。なんと最終日、帰国するために空港に向かう途中で立ち寄ったスターバックスの前にトロピウスが現れ、ゲットに成功。結局、捕まえたのはこの1匹のみ。しかも、神奈川・横須賀市で行われるイベント限定でトロピウスが日本に上陸するという。これではトレード作戦は使えない。この時点でヘラクロスを捕まえるため、メキシコまで行くことを決意した。

出会って5秒で交換

メキシコでの実際の捕獲画面(筆者撮影)

不発に終わったキプロスと違い、メキシコではヘラクロス7匹でまずまずの収穫。

メキシコはポケモンGOをプレーしている人も多く、レイドバトルのときに集まっていた現地のトレーナーとポケモンの交換も成立。日本の地域限定ポケモン「カモネギ」を出し、珍しい「アンノーン」のXをゲット。地域限定ポケモンを持っていると、知らない人との間でもあっさりトレードが成立することも確かめられた。

日本に帰国したら、見せびらかすようにヘラクロスを相棒にセットし、レイドバトルでも場に出してヘラクロスを持っていることをアピール。するとこちらから持ちかけなくても「交換してもらえます?」とオファーをもらうこともちらほら。

『旅の賢人たちがつくった海外旅行最強ナビ 最新版』(辰巳出版)書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします 

ただ、こちらの狙いはまだ捕まえていないニュージーランド限定のジーランス。こちらもかなり貴重なポケモンだが、何人かに声を掛けたら現地捕獲組がいた。あちらはちょうどヘラクロスを探していたようで、すぐにトレード決定。『出会って5秒で交換』に成功し、その当時に実装済みの全375種類のポケモンをコンプリートした。

同じポケモントレーナーとはいえ、知らない人に声を掛けて交換をお願いするのは勇気がいった。でも、『出会って5秒で交換』がうまくいっていなければ、今頃ニュージーランド行きの旅行を計画していたはず。費用、時間の節約という意味でも、ヘラクロストレード作戦は大成功だった。

今後、新たな地域限定ポケモンが追加されるたびに、次の旅行の計画を立てないといけないのかと思うと少し気が重いが、ここまできたらもう引き返せない。これからもポケモンファーストの旅を継続するしかない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT