中国の車販売がまだ伸びると確信できる根拠 「統計データ」から読み解く国際情勢の現状

印刷
A
A

次に注目したいのは「携帯電話の普及率」だ。固定電話の普及率も載せているので、それと比較して見ると面白い。

まず携帯電話のデータでいえば、発展途上国が軒並み上位を占めていることがわかる。バーレーン、モルディブ、タイ、コスタリカ、モンテネグロ、トリニダード・トバゴ、オマーン、エルサルバドル……など。

普及率は140%~200%

これらの国々の携帯電話の普及率は140%~200%ある。それだけの数の端末が出回っているということは、発展途上国でネットワーク通信が爆発的な広がりを見せているということでもある。こうしたことが、経済のグローバル化を後押しする一因となっているのだ。

近年アフリカには世界的なグローバルIT企業が次々に進出している。「固定電話の普及率」ではアフリカの国は1カ国もランクインしていないように、電話や銀行をはじめとする伝統的なインフラが整っていない国でなぜそんなことが可能かというと「ケータイ」があるからだ。

たとえば、アフリカのある国では、給与は現金ではなく電子マネーで支払われているという。地続きの経済発展なしに、先進的な社会が一足飛びに生まれているという今の状況をこのデータは示している。

言い換えれば、経済発展のパターンに完全なパラダイムシフトが起きているということだ。伝統的な理論がもう通用しない。IT技術、とりわけ「ケータイ」の普及がそういうものを一気に飛び越えてしまっているのだ。

次ページ中国経済のポテンシャル
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT