迷走リクシル、「2度目の社長更迭」の深刻度

創業家がCEOに復帰、プロ経営者をまた更迭

だが、LIXILの営業担当者からは「顧客との取引現場のことを何もわかっていない素人の発想。導入前から100%失敗するとわかっており、今の厳しい経営状況は事前に予測できた」との声が上がっており、瀬戸氏肝いりの制度に社員からは手厳しい評価が下る。

新社長も前途多難

瀬戸氏に代わり同社の経営を担うのは、来年4月に社長就任予定の山梨社外取締役だ。富士フイルム、経営コンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニー、イオンの電子マネー事業責任者を経て、2016年からLIXILの社外取締役を務めている。

同氏に対しても内部からは、「瀬戸社長と同じで、業界のことも現場のこともわかっていない人。打ち出す施策も的外れなものだろう」(中堅社員)と、期待よりはあきらめムードが漂う。

会見では一言も話さなかった山梨新社長。失敗が続く海外案件や新取引制度への対応など、混乱する現場社員や取引先に対して、今後どんなメッセージを発していくのか。

藤森、瀬戸、山梨と現場から遠いプロ経営者が3代続くLIXILの経営は、迷走が続いている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT