マツダ、国内外で計25.5万台リコール

バルブスプリングの不良で

 11月8日、マツダは、エンジン部品の不良により、「アクセラ」「アテンザ」「CX―5」「CX―8」の4車種、計23万5293台(2012年2月13日―18年7月4日製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。写真は都内で5月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 8日 ロイター] - マツダ<7261.T>は8日、エンジン部品の不良により、「アクセラ」「アテンザ」「CX―5」「CX―8」の4車種、計23万5293台(2012年2月13日―18年7月4日製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。事故は確認されていないが、不具合が255件報告されている。昨年2月23日にリコールを届け出ているが、改善措置の内容が不十分だったため、再びリコールを実施する。

海外では、タイと台湾にもリコール対象車があり、海外分を合わせると、計約25万5000台となる。

エンジンの吸気側バルブスプリングにおいて、スプリング荷重の設定が不適切なため。エンジン回転が不安定になり、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがある。リコール対象車で吸気側バルブスプリングを対策品と交換する。同社広報によると、「作業に3時間ほどかかる」という。

同社は同日、バルブスプリングのほか、エンジン関連で2件のリコールも届け出た。エンジンの吸気シャッタ・バルブの制御プログラム、エンジンの排気圧センサで異常判定プログラムがそれぞれ不適切なため。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT