マツダ、国内外で計25.5万台リコール

バルブスプリングの不良で

 11月8日、マツダは、エンジン部品の不良により、「アクセラ」「アテンザ」「CX―5」「CX―8」の4車種、計23万5293台(2012年2月13日―18年7月4日製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。写真は都内で5月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 8日 ロイター] - マツダ<7261.T>は8日、エンジン部品の不良により、「アクセラ」「アテンザ」「CX―5」「CX―8」の4車種、計23万5293台(2012年2月13日―18年7月4日製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。事故は確認されていないが、不具合が255件報告されている。昨年2月23日にリコールを届け出ているが、改善措置の内容が不十分だったため、再びリコールを実施する。

海外では、タイと台湾にもリコール対象車があり、海外分を合わせると、計約25万5000台となる。

エンジンの吸気側バルブスプリングにおいて、スプリング荷重の設定が不適切なため。エンジン回転が不安定になり、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがある。リコール対象車で吸気側バルブスプリングを対策品と交換する。同社広報によると、「作業に3時間ほどかかる」という。

同社は同日、バルブスプリングのほか、エンジン関連で2件のリコールも届け出た。エンジンの吸気シャッタ・バルブの制御プログラム、エンジンの排気圧センサで異常判定プログラムがそれぞれ不適切なため。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT