『早期退職募集に応募すべきか』(45歳男性) 

城繁幸の非エリートキャリア相談

『早期退職募集に応募すべきか』(45歳男性) 

終身雇用の崩壊、成果主義の導入などにより、日本人の「働き方」は激変。その結果、自身のキャリアに迷えるビジネスパーソンは増えていくばかりだ。これまでの古い「昭和的価値観」から抜けだし、新たな「平成的価値観」を身に付けるためにどうすればいいのか。日本の人事制度を知り尽くした城繁幸氏が、あなたの悩みにお答えします。

CASE:31

『早期退職募集に応募すべきか』(45歳男性)

<相談者の悩み>

 はじめまして。いつも楽しく拝読させていただいています。

 今年45歳になるしがない会社員です。中堅のSI企業で営業職を担当しています。当社は一昨年から、45歳以上対象の早期退職制度を開始しました。応募すれば、まず間違いなくそれなりの割増退職金付がもらえるシステムです。

 実は現在、その募集に応募しようかと思っています。

 うちの会社は、もともと部品系中心のメーカーでしたが、8年前に業態を転換し、それまで一部門だったシステム開発に特化した経緯があります。私は以前のハード時代の生き残りですね。正直、現場ではそれ以降に入社してきた若手~中堅が中心で、私のような生え抜きは少数派です。それでも養ってくれている会社に文句は言えないのですが、この機会に何か新しいことを始めたいと感じています。

 もちろん不安もあります。人材紹介会社に登録はしてみたものの、現在の待遇を維持できる求人は、今のところ無いとのことです。独立と言う手もあるにはありますが、悲しいことに営業事務だけを20年続けてきた自分には、とりたてて芸がありません。

 そこでうかがいたいのですが、45歳以上のごく普通のおじさんが早期退職に応募して、その後、成功した人間はどれくらいいるのでしょうか?

 成功といっても、ごく普通の暮らしを、やりがいを持ってこなせる程度の話だと思ってください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT