『早期退職募集に応募すべきか』(45歳男性) 

城繁幸の非エリートキャリア相談

処方箋:『第二の人生で伸びる人、躓く人』

 転職か、独立か。あるいは、このまま今の会社で糧を得るのか。ここから先はご自身で決断してください。こればっかりは、模範解答はありません。

 ただ、失敗する人と成功する人の差を一つ挙げるとすれば、それは情熱です。平たく言えば、どれだけ新しい仕事が好きであるかということですね。

 これはどの年代の人間にも共通して言えることです。

 たとえば、脱サラして起業した人間の多くは「仕事の量も質も、会社員時代よりもずっと増えた」と口にします。そこで踏ん張れるのは、その仕事の延長線上に、自らが求めた動機のある人間だけなんですね。

 「楽そうだから」だの「今の仕事がつまらないから」だのと安易に行動してしまった人間にとっては、もうその時点で失敗なわけです。今、話題になっている第二新卒(入社三年以内の転職者)にも、まったく同じことが言えます。「なんとなくつまらないから」「なんとなくあっちの方が良さそうだから」と、転職理由に“なんとなく”が付く人間の多くは、後できまって後悔するものです。

 あなたが今感じている閉塞感は、何を求めるのか明確にしない限り、きっと退職後も付いて回るでしょう。まずはご自身の動機を見つけることです。

 逆に、それが見つからないのであれば、今の会社で働き続けるべきでしょう。「仕事で自己実現をしたい」という発想さえ捨てれば、会社勤めも悪い話ではありません。仕事なんて、飯を食うための必要悪だと割り切り、人生の軸足をプライベートに移すわけですね。

 世界ではこっちの価値観の方がスタンダードですし、今後は日本もそうなるはずです。グローバル化をちょっとだけ先取りするつもりで、脱サラならぬ脱仕事人間を目指してはいかがでしょうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング