米国好調のスバルが日本専用車を開発したワケ

新型スポーツワゴン「レヴォーグ」を発表

内燃機関には水平対向エンジンに直噴ターボを組み合わせたものを採用。今回新たに1.6リットルの小排気量エンジンも加え、「環境対応も進め、時代性のある商品にした」と吉永社長は自信を見せる。

画像を拡大
「レヴォーグ」を披露する吉永社長

日本のトレンドになっているハイブリッドシステムの搭載については「(現在採用している)「XV」の後にどう展開するか決まっていないので、当面はない」とした。

レヴォーグの発売を受け、一部報道では「レガシィ・ツーリングワゴン」が来年にも廃止されると取りざたされたが、「レガシィをやめて、こちらに切り替えるということはない。サイズも違うので心配ない」と吉永社長は言う。

新型「アイサイト」を搭載

また、レヴォーグには、今年10月に発表された新型の予防安全システム「アイサイト(Ver.3)」がスバル車として初めて搭載される(関連記事:「富士重、進化した"ぶつからない車"の実力」)。カラー認識が可能になったステレオカメラを採用し、危険認識の精度がアップ。先行車の速度に合わせて追従するクルーズ・コントロール機能や、車線をはみ出さないようにするレーンキープアシスト機能も加わり、より自動運転に近い状態を実現できる。

米国が活況な中、「やはり母国ですから」と日本市場への思い入れを見せる吉永社長。発表の場では終始笑みを見せ、出来栄えへの満足感がにじみ出ていた。日本の「スバリスト」たちに、気持ちは通じるだろうか。

(撮影:尾形文繁)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT