サムスンの腕時計型端末、80万台販売

発売から2か月、意外に売れている?

11月19日、韓国のサムスン電子は、同社の腕時計型端末「ギャラクシーギア」が発売から2カ月で80万台を売り上げたと発表した。写真は9月にベルリンで行われた発表会(2013年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[ソウル 19日 ロイター] -韓国のサムスン電子<005930.KS>は19日、同社のスマートウォッチ(腕時計型端末)「ギャラクシーギア」が発売から2カ月で80万台を売り上げたと発表した。

販売台数は社内予想を上回った。年末のクリスマス商戦に向け販売プロモーションを拡大するという。

販売価格は約300ドル。小型の有機ELディスプレイを搭載し、写真撮影、ハンズフリー通話、メールの通知といった基本的な機能が利用できる。

市場では、専用アプリが約70種類しかなく、好調な売れ行きは期待できないのではないかとの見方が出ていた。

腕時計型端末をめぐっては、米アップルも「ウエアラブル(身体装着可能な)端末」を開発しているとの観測が出ている。

人気記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。