「グーグルプラス」の個人版が終了する理由

最大50万人の個人情報が外部流出する恐れ

 10月8日、米アルファベット傘下のグーグルは交流サイト「Google+(グーグルプラス)」の個人向けサービスを終了すると明らかにした。パリで5月撮影(2018年 ロイター/Charles Platiau)

[8日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルは8日、交流サイト「Google+(グーグルプラス)」の個人向けサービスを終了すると明らかにした。同サービスを利用していた最大50万人のユーザーの個人情報が外部流出する恐れがあることが判明したため、と説明している。

グーグルによると、ソフトウエア上の問題により、今年3月までの2年以上にわたり、社外の開発者が個人情報を閲覧できる状態になっていた。問題は現在は解決済みで、情報が悪用された形跡はないという。

8日の米国株式市場で、アルファベットは約1%安で引けた。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、関係筋などの話として、グーグルは規制強化を恐れ問題を早期に公表しなかったと報じている。

グーグルは、問題を調査した結果「開発者がこのバグを認識していた証拠はなく、個人データが悪用された証拠もなかった」としている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。