フィンテック系証券会社を味方につける方法

「手数料無料」の証券会社もついに出現!?

最後に紹介する企業はトラノテックだ。アメリカにはおつりなどの小銭を自動的に投資に回すエイコーンという企業があるが、日本でもトラノテックが「トラノコ」というアプリを展開している。同社のアプリでは、おつりだけでなく、提携しているポイントも投資に充てることが可能だ。

またユーザーはリスク許容度に応じて、3つのコースから投資するコースを決めるだけでよく、まったくの投資初心者にとっては非常に簡単な仕様となっている。日本人の国民性を考えれば、いちばんリスクが低いコースか、中庸のコースが多く選ばれそうであるが、意外にも同社によると最もリスクの高いコースが選ばれているという。ポケットや財布の中でジャラジャラとするおつりや、使わぬまま消失してしまうポイントなどが原資になるため、国民性とは逆にリスク許容度が高まるのかもしれない。

同社のアプリは月額の利用料と出金時に定額の手数料がかかるものの、商品を保有している間の運用報酬料はほかのロボアドバイザー企業よりは安く設定されている。目ざとい投資家はすでにこの点に気づいており、最初に様子見で少額を入れてから、一気に投資資金を増やす個人投資家もすでにいるようだ。ポイントを投資に充てることができるなど、あえて投資用に資金を用意せずに始められるため、今後は金融業界とは異なる業界の企業とのコラボレーションも考えられる。こちらも、その観点では投資の新たなインフラになる可能性が高い。

同社によると、既存顧客のうちの66.2%が投資未経験者だという。やはりサービスを利用する際の資金面や精神面でのハードルが低くなる商品設計をすることで、投資未経験者を顧客にすることができるようだ。

「熾烈な競争」というより「ファンを増やす」第3世代

今回、複数の企業を紹介したが、第3世代に共通するのは、上の世代や同世代の企業に対して、競争心を燃やすというよりはいかに自社のサービスを改善し、顧客(ファン)を増やすかという発想を持っているという点だ。

オンライン証券会社の熾烈な手数料争いにより、この業界では手数料が低いことが一般的になった。そのため、後発組にとっては手数料の安さは参入時点でそもそもの前提条件とされているため、それぞれの企業が手数料以外の部分で独自色を強く打ち出すことにより、差別化を図るようになっている。

前述のとおり、ワンタップバイやトラノテックの既存顧客に占める投資未経験者の比率はかなり高い。第3世代の登場により、日本の個人投資家の裾野は広がりつつある。どのサービスを使って資産運用をしていくのか。ハードルも下がっているだけに気軽に選べるものの、個人投資家としてはやはり慎重に選びたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。