NY外為市場、1ドル100円目前 FRB早期緩和縮小観測で

印刷
A
A
11月12日、序盤のニューヨーク外為市場ではドルが対円で1カ月ぶり高値をつけた。写真はドル紙幣を扱うジャカルタの両替商。8月撮影(2013年 ロイター/Beawiharta)

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 12日序盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対円で1カ月ぶり高値をつけた。前週末の予想を上回る雇用統計をきっかけに、米連邦準備理事会(FRB)が予想より早い時期に資産買い入れ縮小に着手するとの見方が強まっている。

ドル/円は一時、9月13日以来の高値となる99.79円まで値を上げた。

心理的節目の100円、および9月につけた高値の100.62円の水準がドルの上値抵抗線となっている。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT