NY外為市場、1ドル100円目前

FRB早期緩和縮小観測で

11月12日、序盤のニューヨーク外為市場ではドルが対円で1カ月ぶり高値をつけた。写真はドル紙幣を扱うジャカルタの両替商。8月撮影(2013年 ロイター/Beawiharta)

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 12日序盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対円で1カ月ぶり高値をつけた。前週末の予想を上回る雇用統計をきっかけに、米連邦準備理事会(FRB)が予想より早い時期に資産買い入れ縮小に着手するとの見方が強まっている。

ドル/円は一時、9月13日以来の高値となる99.79円まで値を上げた。

心理的節目の100円、および9月につけた高値の100.62円の水準がドルの上値抵抗線となっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。