NY外為市場、1ドル100円目前

FRB早期緩和縮小観測で

11月12日、序盤のニューヨーク外為市場ではドルが対円で1カ月ぶり高値をつけた。写真はドル紙幣を扱うジャカルタの両替商。8月撮影(2013年 ロイター/Beawiharta)

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 12日序盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対円で1カ月ぶり高値をつけた。前週末の予想を上回る雇用統計をきっかけに、米連邦準備理事会(FRB)が予想より早い時期に資産買い入れ縮小に着手するとの見方が強まっている。

ドル/円は一時、9月13日以来の高値となる99.79円まで値を上げた。

心理的節目の100円、および9月につけた高値の100.62円の水準がドルの上値抵抗線となっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT