ベイスターズが鉄道コラボで示す「横浜愛」

東横線イベント列車には「ハマの番長」も登板

車内でファンとハイタッチする三浦さん(撮影:梅谷秀司)

渋谷駅を出発すると、三浦さんは各車両を巡り、200人を超える参加者一人ひとりに記念品のポストカードを手渡したほか、ハイタッチなどのファンサービスで車内を沸かせた。

参加に必要なのは運賃のみ、という太っ腹なこのイベント。事前にインターネットで募集したところ、約1万4500人の応募があった。当選できたのは3日間の合計で750人。抽選の倍率は約20倍に上る人気ぶりだった。

ファン歓喜「格好良すぎて死ぬ」

イベント列車が走った3日間は横浜スタジアムで対ヤクルト戦が開催されるとあって、そのまま球場で試合を観戦する参加者もいた。

ダーリンハニー吉川正洋さん(右)もトークで車内を盛り上げた(撮影:梅谷秀司)

三浦さんに握手をしてもらった都内在住の女性は「格好良すぎて死ぬかと思いました」と感激を隠せない様子。横浜市内から参加したカップルは「電車の中で触れ合えるなんて夢のよう。このまま応援に行きますが、試合まで気力が持ちそうにない。やばい」と興奮ぎみに話していた。

一方、三浦さんは報道陣の取材に対し「ベイスターズファンにはたまらない列車。(チームは)苦しい位置にいるが、最後の最後まで声援が必要なので、現場とファンが一丸となって残りのシーズンを戦ってほしい」と力を込めた。

日本大通り駅の構内では、同駅で降りた乗客なら誰でも参加できる交通系ICカードを使った記念グッズの抽選会も開かれた。イベント列車の参加者は、横浜スタジアムに移動してチームの練習の見学へ。打球音が球場内に響く中、貴重な機会を無駄にしまいと、皆食い入るように見守った。

イベントの最後は三浦さんとの集合写真(撮影:梅谷秀司)

最後は乗り込んだ号車ごとに三浦さんと集合写真に収まり、ファンにとって最高の一日になったようだ。横浜高速鉄道の小島淳・経営企画課長は「申し込みをしてくれた多くのファンのうち、乗車できたのは少ない人数だったが、喜んだ顔を見られて本当によかった」と安心した表情をみせていた。

次ページベイスターズが強化する鉄道との連携
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT