トヨタ、「プリウス」など約102万台リコール

エンジンワイヤーハーネスに不具合

 9月5日、トヨタ自動車は、電気装置(エンジンワイヤーハーネス)に不具合があるため、「プリウス」「プリウスPHV」「CーHR」の計3車種(2015年6月から18年5月に生産)、世界で約102万台をリコール(回収・無償修理)すると明らかにした。写真は都内で昨年2月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 5日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は5日、電気装置(エンジンワイヤーハーネス)に不具合があるため、「プリウス」「プリウスPHV」「CーHR」の計3車種(2015年6月から18年5月に生産)、世界で約102万台をリコール(回収・無償修理)すると明らかにした。

エンジンルーム内の電気配線で、保護カバーのない部分が周辺部品と干渉しているものがあり、走行時の振動で配線の被覆が損傷し、配線同士がショート、発熱・焼損することがある。最悪の場合は車両火災になる恐れがあり、トヨタは周辺部品と接触している配線に保護材を巻くなどの改善措置を取る。

地域別の内訳は、日本が55万3870台と最も多く、欧州は約21万9000台、北米はプリウスのみで約21万7000台となっている。

(白木真紀)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT