トヨタ、「プリウス」など約102万台リコール

エンジンワイヤーハーネスに不具合

 9月5日、トヨタ自動車は、電気装置(エンジンワイヤーハーネス)に不具合があるため、「プリウス」「プリウスPHV」「CーHR」の計3車種(2015年6月から18年5月に生産)、世界で約102万台をリコール(回収・無償修理)すると明らかにした。写真は都内で昨年2月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 5日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は5日、電気装置(エンジンワイヤーハーネス)に不具合があるため、「プリウス」「プリウスPHV」「CーHR」の計3車種(2015年6月から18年5月に生産)、世界で約102万台をリコール(回収・無償修理)すると明らかにした。

エンジンルーム内の電気配線で、保護カバーのない部分が周辺部品と干渉しているものがあり、走行時の振動で配線の被覆が損傷し、配線同士がショート、発熱・焼損することがある。最悪の場合は車両火災になる恐れがあり、トヨタは周辺部品と接触している配線に保護材を巻くなどの改善措置を取る。

地域別の内訳は、日本が55万3870台と最も多く、欧州は約21万9000台、北米はプリウスのみで約21万7000台となっている。

(白木真紀)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。