アップル、AR眼鏡向けレンズ開発会社を買収

買収は2018年上半期に実施された可能性

 8月29日、米アップルは、拡張現実(AR)眼鏡向けレンズの開発に特化している新興企業を買収したことを認めた。写真は上海で昨年7月撮影(2018年 ロイター/Aly Song)

[29日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は29日、拡張現実(AR)眼鏡向けレンズの開発に特化している新興企業を買収したことを認めた。

アップルが買収したのは米コロラド州ロングモントを拠点とするアコニア・ホログラフィックス社。アップルは声明で、これまでも時々、小さな企業を買収してきたが、「大抵はわれわれの目的や計画について説明していない」とした。

アコニアからのコメントは現時点で得られていない。

アコニアのウェブサイトによると、同社はホログラフィーの研究者たちによって2012年に創業。当初はホログラフィックのデータストレージを手掛けていたが、AR眼鏡向けディスプレーの開発に移行した。

アコニア買収の金額や日程などは明かされていない。ただAR業界の幹部によると、アコニアは過去半年間において「非常に静かだった」としており、買収は2018年上半期に実施された可能性がある。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。