非公開化テスラにSECが召喚状を送った事情

ツイッターでの「情報公開」で株価が乱高下

(写真:REUTERS/Toru Hanai)

[ワシントン (ロイター) ]- フォックス・ビジネス・ネットワークは8月15日、米国証券取引委員会 (SEC) がテスラに対し召喚状を送ったことを、関係筋からの情報を引用しつつ報じた。

このことは同社の最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏による同社の株式非公開化の計画、およびそのための資金を「確保した」と彼が表明したことに関連している。

ゴールドマン・サックスが財務アドバイザーに?

同日、テスラの株価は最大4%下落した。しかし、ゴールドマン・サックス・グループが、テスラに関連する案件で財務アドバイザーを務めていることを理由に同社株のカバレッジを取り止めると発表した後は下げ渋ることとなった。

投資家たちはゴールドマンによる発表を、13日にイーロン・マスク氏がゴールドマンと協力しているとツイートしたことを追認する物であると受け止めた。一方で召喚状に関する報道は、SECがこの事に関して正式な調査を開始したことを示唆した。

ここ数日間、テスラの投資家たちにとって事態は急変し続けてきた。今回の最新の報道により、同社の先行きや、規制の複雑さが増す中で取引が成立できるかどうかについての不透明さが増したことで、そうした日々は更に続くこととなった。

テスラとSECはコメントを差し控えた。

次ページこの数日で起きたこと
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。