普通列車も通過…本数少ない「残念な駅」10選

究極の「秘境駅」は列車で行くのも至難の業

山田線の名誉のために付け加えると、盛岡―上米内間、宮古―川内間は区間列車と快速「リアス」があるので列車本数はもう少し多い。山間部にあり松草の隣駅である区界(くざかい)駅は、一部の快速が停車するので上下合わせて7本ある。よって、松草と平津戸の2駅が上下で5本という少なさなのだ。

5)北秩父別(きたちっぷべつ)駅<JR北海道・留萌本線>
車内から見たJR留萌本線の北秩父別駅。普通列車でさえ通過する(筆者撮影)

わずかな農家が点在するだけの田園地帯にあり、利用客が極めて少ない。留萌本線は普通列車のみの運行であるが、その普通列車の中に、北秩父別駅を通過する列車が、下り6本、上り5本もある。したがって、停車する列車は下り2本、上り4本という状況で、留萌本線では唯一ランクインした。留萌本線は、留萌―増毛間廃止後、残りの区間も利用状況が振るわず、廃止が提案されている状況だ。

“列車で行くのが難しい”駅

6)小幌(こぼろ)駅<JR北海道・室蘭本線>
「秘境駅」として知られるJR室蘭本線の小幌駅(筆者撮影)

究極の「秘境駅」として有名な小幌駅は、秘境駅にふさわしく列車で行くことさえ困難な状況である。普通列車でも通過する列車がある現状では、室蘭方面2本、長万部行き4本という少なさで、東室蘭発13時55分の列車で15時12分に小幌駅に降り立ち、15時44分の列車で戻るのが、いちばん安易な方法であろう。特急列車がトンネルから猛スピードで飛び出してくるので、ホームに滞在する人は十分注意したい。

7)南斜里(みなみしゃり)駅<JR北海道・釧網本線>

釧網本線の中で停車する列車がいちばん少ない駅で、網走方面が1日2本、釧路方面が4本である。田園地帯の真ん中にポツンとたたずむ小さな駅で利用者は少ない。北秩父別駅と似たような雰囲気である。

次ページ1日3往復だけの駅はいくつかある
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。