インドネシアで地震、死者は少なくとも82人

ロンボク島でマグニチュード7.0の地震

 インドネシア・バリ島のショッピングセンターで5日、ロンボク島で起きた地震の影響で崩れたがれきを調べる警官ら。(2018年 ロイター/Johannes P. Christo)

[デンパサール(インドネシア) 6日 ロイター] - インドネシアのリゾート地ロンボク島で5日、マグニチュード(M)7.0の地震が発生し、少なくとも82人が死亡した。

災害対策当局によると、北部や西部で多くの死者が出ており、数千人が避難所に身を寄せている。

当局は当初、最大0.5メートルの津波警報を出したが、その後解除した。

地元メディアは、島の大部分で停電が発生していると報じた。

ロンボク島に近いバリ島でも揺れを観測した。

空港関係者によると、ロンボク島とバリ島の国際空港では建物に軽い損傷が生じたが、運航に影響は出ていないという。

ロンボク島では7月29日にもM6.4の地震が発生したばかり。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。