インドネシアで地震、死者は少なくとも82人

ロンボク島でマグニチュード7.0の地震

 インドネシア・バリ島のショッピングセンターで5日、ロンボク島で起きた地震の影響で崩れたがれきを調べる警官ら。(2018年 ロイター/Johannes P. Christo)

[デンパサール(インドネシア) 6日 ロイター] - インドネシアのリゾート地ロンボク島で5日、マグニチュード(M)7.0の地震が発生し、少なくとも82人が死亡した。

災害対策当局によると、北部や西部で多くの死者が出ており、数千人が避難所に身を寄せている。

当局は当初、最大0.5メートルの津波警報を出したが、その後解除した。

地元メディアは、島の大部分で停電が発生していると報じた。

ロンボク島に近いバリ島でも揺れを観測した。

空港関係者によると、ロンボク島とバリ島の国際空港では建物に軽い損傷が生じたが、運航に影響は出ていないという。

ロンボク島では7月29日にもM6.4の地震が発生したばかり。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT