インドネシアで地震、死者は少なくとも82人

ロンボク島でマグニチュード7.0の地震

 インドネシア・バリ島のショッピングセンターで5日、ロンボク島で起きた地震の影響で崩れたがれきを調べる警官ら。(2018年 ロイター/Johannes P. Christo)

[デンパサール(インドネシア) 6日 ロイター] - インドネシアのリゾート地ロンボク島で5日、マグニチュード(M)7.0の地震が発生し、少なくとも82人が死亡した。

災害対策当局によると、北部や西部で多くの死者が出ており、数千人が避難所に身を寄せている。

当局は当初、最大0.5メートルの津波警報を出したが、その後解除した。

地元メディアは、島の大部分で停電が発生していると報じた。

ロンボク島に近いバリ島でも揺れを観測した。

空港関係者によると、ロンボク島とバリ島の国際空港では建物に軽い損傷が生じたが、運航に影響は出ていないという。

ロンボク島では7月29日にもM6.4の地震が発生したばかり。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。