インドネシアで地震、死者は少なくとも82人

ロンボク島でマグニチュード7.0の地震

 インドネシア・バリ島のショッピングセンターで5日、ロンボク島で起きた地震の影響で崩れたがれきを調べる警官ら。(2018年 ロイター/Johannes P. Christo)

[デンパサール(インドネシア) 6日 ロイター] - インドネシアのリゾート地ロンボク島で5日、マグニチュード(M)7.0の地震が発生し、少なくとも82人が死亡した。

災害対策当局によると、北部や西部で多くの死者が出ており、数千人が避難所に身を寄せている。

当局は当初、最大0.5メートルの津波警報を出したが、その後解除した。

地元メディアは、島の大部分で停電が発生していると報じた。

ロンボク島に近いバリ島でも揺れを観測した。

空港関係者によると、ロンボク島とバリ島の国際空港では建物に軽い損傷が生じたが、運航に影響は出ていないという。

ロンボク島では7月29日にもM6.4の地震が発生したばかり。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT