中型ペットボトルコーヒーが急成長するワケ

あの好調商品の3カ月後を予測

中型ペットボトルコーヒーが好調だ(写真:「商業界オンライン」編集部)

最近、オフィスでの仕事中に周りを見渡すと、デスクに置かれているドリンクに変化が見て取れる。特によく目にするようになったのは、500ml前後の中型ペットボトルコーヒーだ。(以下600ml以下のペットボトルコーヒーを中型ペットボトルコーヒーとする)

前年割れの小売店の販売容量が拡大に転じた!

コーヒードリンク市場は、2017年、缶コーヒーの縮小が響き、小売店における販売容量は前年を割ったが、2018年は1~6月までで前年比109%と大きく拡大に転じている(インテージ全国小売店パネル調査〈SRI〉調べ)。

当記事は「商業界ONLINE」にて公開した記事の転載です。元記事はこちら

この好調を牽引しているのが、中型ペットボトルコーヒーだ。2017年から販売量を増やし、2018年1~6月では、缶や紙パックタイプを抑えて、最も大きい市場規模を獲得している。

*本稿におけるコーヒードリンク市場は、希釈タイプを含まない。

図表1 小売店コーヒードリンク市場 容器別市場規模・前年比の推移 (容量ベース、縦棒:市場規模、折れ線:前年比 )(画像:「商業界オンライン」編集部)
次ページオフィスワーカーに加え、女性からも受け入れられた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT