「運賃高すぎ」北総線、ついに株主代表訴訟か

業を煮やした印西市長「運賃値下げへ」の秘策

板倉市長は、「会社に値下げ努力をする姿勢は見られず、住民の不満は爆発寸前」との認識を示しており、強い態度に出て運賃値下げにつなげたい意向だ。というのも、今年1月21日に、印西市内で住民団体主催の「北総線運賃を考えるシンポジウム」が開催され、沿線住民で会場が埋め尽くされたのだ。板倉市長も参加したが、60人ほどの定員の会場に3倍近くの市民が駆けつけ、立ち見や会場の外で聞き入る市民までいる大盛況だったのだ。

板倉市長は市民の北総鉄道高額運賃問題への関心を強く実感したのだろう。北総側は「繰越損失は約96億円あり、依然として厳しい経営状況だ」と抵抗しているが、ならばなぜ北総に不利な契約を同社の経営陣がしているのかを市長は問題視しているのだ。

京成と北総鉄道との線路使用料の格差

板倉市長が特に問題視しているのが、千葉ニュータウン鉄道(京成の100%子会社)が京成、北総鉄道それぞれから徴収している年間の線路使用料の格差である。北総鉄道は京成高砂―小室間(19.8km)は第一種鉄道事業者として自前の線路に電車を運行しているが、小室―印旛日本医大間(12.5km)は第二種鉄道事業者(線路は持たず運行だけ行う)として、千葉ニュータウン鉄道(線路しか持たない第三種鉄道事業者)の線路を使用して電車の運行をしている。

京成はスカイライナー等を成田空港まで運行しているが、北総鉄道などの線路も使用している。つまり、京成上野―京成高砂間は第一種鉄道事業者、京成高砂―成田空港間は第二種鉄道事業者ということになる。つまり千葉ニュータウン鉄道の線路を京成も北総も使っているのだが、その線路使用料におよそ7倍もの差があるのだ。

同じ線路の使用料におよそ7倍もの差がある(図:「北総線の運賃値下げを実現する会」作成資料)

千葉ニュータウン鉄道は京成の100%子会社であり、親会社である京成に安く貸して、北総鉄道には不当に高く貸しているという構図だと、住民団体の「北総線の運賃値下げを実現する会」(北実会)は考えている。

ちなみに千葉ニュータウン鉄道は従業員ゼロ、社長は北総の室谷社長だ。「国交省OBと京成が、北総、千葉ニュータウン鉄道を牛耳り、北総の利益を奪っている」(北実会)状況で、板倉市長は、この契約により北総鉄道取締役が同社に損害を与えているという構図とみているのだろう。北総は、小室―印旛日本医大区間は高額の線路使用料が原因で赤字を出していることが、東京地裁で進行中の運賃認可取消訴訟(北総線運賃二次訴訟)で明らかになっている。

逆に、京成高砂―小室間の線路については、北総が京成に線路を貸しているが、この区間についての北総が受け取る線路使用料については不当に少なすぎると市長は主張している。

誰を被告として、北総鉄道への損害をどのように主張するかについて今後、印西市庁内に設置される勉強会で議論されるだろう。株主代表訴訟に強い弁護士の選定も進んでいるようだ。株主代表訴訟となれば、北総が行っている契約の正当性、つまり、「不当な線路使用料の払いすぎ、取りはぐれ」(北実会)という経営者責任が真正面から問われることとなる。

関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • ビジネスパーソンのためのポケモンGO攻略法
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。