みずほ証券、システム障害は設定ミスだった

28日朝の復旧を目指す

 6月27日、みずほ証券はネット取引システムの障害について記者会見を開き、システム間のネットワークをつなぐ設定ミスが障害の原因だったことを明らかにした、都内で昨年撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 27日 ロイター] - みずほ証券は27日、ネット取引システムの障害について記者会見を開き、システム間のネットワークをつなぐ設定ミスが障害の原因だったことを明らかにした。現在、復旧作業を進めており、28日午前6時からの注文受付を再開させたいとした。

会見した金森裕三常務は、原因について、リテール業務システムと運用管理するサーバーの間の通信の設定にミスがあったと説明した。システムの不調は22日夜から発生、25日夜の注文と合わせて約1万件の注文が運用管理サーバーに送られずに処理できなかった。1万件のうち、約定されるべき1200件が約定できなかったという。現在まで手作業ですべて約定は終了させた。

26日と27日はシステムを全面的に止め、ネット取引システムを介した株式、投資信託などの売買はできない状態だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。