みずほ証券、システム障害は設定ミスだった

28日朝の復旧を目指す

 6月27日、みずほ証券はネット取引システムの障害について記者会見を開き、システム間のネットワークをつなぐ設定ミスが障害の原因だったことを明らかにした、都内で昨年撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 27日 ロイター] - みずほ証券は27日、ネット取引システムの障害について記者会見を開き、システム間のネットワークをつなぐ設定ミスが障害の原因だったことを明らかにした。現在、復旧作業を進めており、28日午前6時からの注文受付を再開させたいとした。

会見した金森裕三常務は、原因について、リテール業務システムと運用管理するサーバーの間の通信の設定にミスがあったと説明した。システムの不調は22日夜から発生、25日夜の注文と合わせて約1万件の注文が運用管理サーバーに送られずに処理できなかった。1万件のうち、約定されるべき1200件が約定できなかったという。現在まで手作業ですべて約定は終了させた。

26日と27日はシステムを全面的に止め、ネット取引システムを介した株式、投資信託などの売買はできない状態だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。