欧州委がアマゾンなど4社と協定を結ぶワケ

ネット通販サイト上の危険な商品に対策

 6月25日、EU欧州委員会は、欧州のネット通販サイト上の危険な商品に対策を講じるため、米アマゾン・ドット・コムなど電子商取引大手4社と協定を締結したと発表した。写真はフランス北部のアマゾン施設で2017年2月撮影(2018年 ロイター/Pascal Rossignol)

[ブリュッセル 25日 ロイター] - 欧州連合(EU)欧州委員会は25日、欧州のネット通販サイト上の危険な商品に対策を講じるため、米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>など電子商取引大手4社と協定を締結したと発表した。

欧州委が定義する危険物には、憎悪や暴力を扇動するものや、子どもへの性的虐待に関する商品、安全性を欠いたり、著作権を侵害する製品が含まれている。

今回、アマゾン、中国の阿里巴巴(アリババ)集団傘下のアリエクスプレス、米イーベイ<EBAY.O>、楽天<4755.T>フランス部門が協定に同意。当局からの通知を受けて2日以内に出品物を削除するほか、利用者からの通知には5日以内に対応する。

欧州委によると、2016年の欧州販売の2割がネット通販によるもので、危険な出品物が増加している。

ヨウロワー欧州委員(司法・消費者・男女平等担当)は「電子商取引は消費者にとっての新たな可能性を開くもので、より廉価で多くの選択肢を提供している。消費者にとって、店舗で買い物をする際と同程度に、ネット通販での購入も安全であるべきだ」と訴えた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。