CEOまでが欠席する米IT企業の株主総会軽視

取締役の出席率が低い企業が目立っている

フェイスブックの代理申請書によると、2017年にフェイスブックの年次株主総会に出席したのは、8人の取締役のうち4人だけであった。ある議事進行録によれば、今年5月31日の年次総会には9人の取締役のうち5人が出席し、ティール氏は参加していなかった。

フェイスブックの広報担当者はコメントを拒否したが、辞任取締役に代わって総会の後にフェイスブックの取締役会に加わることとなったジェフリー・ジーンツ氏は、今年の総会に出席したと述べた。

検索エンジンのリーダーであるグーグルの親会社であるアルファベットでは、出席人数はさらに低い。広報担当者によると、6月6日の年次総会には、11人の取締役のうち4人が出席したという。総会の議事進行録によれば、CEOのペイジ氏は欠席した。昨年の総会も4人の取締役が出席している。また、2006年以降の出席者取締役は平均5人であるという。

アルジャーナ・キャピタルのマネージング・パートナーであるナタシャ・ラム氏は、「まあ、取締役会メンバーは総会に参加したいと思っており、これらの問題についてすべて承知であろう」と述べる。同キャピタルは、今年の総会でアルファベットに対し、グーグルのユーチューブサービスにおける政治的プロパガンダやその他の問題のある素材に対する取り組みについて報告するよう求め、かつ、男性と女性の従業員の給与差に関連するリスクについて報告するよう求めた。

アップルとアマゾンの出席率は高い

全米取締役協会および多くのガバナンス・コンサルタントは、取締役に対し年次総会に出席するよう推奨している。

アルファベットとフェイスブックを除き、S&P 500インデックスのトップ20の大企業の直近の代理人によると、米国のトップ企業のほとんどすべての取締役は年次総会に出席している。

議事進行録と広報担当者によれば、ウォーレン・バフェット氏のバークシャー・ハサウェイ社、JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー、エクソンモービル・コーポレーションはすべて、今年の総会において取締役の出席率は高かった。 IT企業のリーダーであるアップルとアマゾンにおける取締役の出席率も良かった。

次ページサイバースペースで総会
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT