OPEC非加盟国も増産に合意、規模は不透明

イランとサウジが対立

石油輸出国機構(OPEC)とロシアを中心とする非加盟産油国は、7月からの増産で合意した。写真は石油貯蔵タンク、英ロンドンで2011年3月撮影(2018年 ロイター/Stefan Wermuth)

[ウィーン 23日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)とロシアを中心とする非加盟産油国は23日、7月からの増産で合意した。サウジアラビアは「目に見える(measurable)」規模の供給拡大を約束したが、具体的な数字は示さなかった。

OPEC加盟国は22日に小幅増産で合意。この日のブレント先物<LCOc1>は2.5ドル(3.4%)高の1バレル=75.55ドルで取引を終えた。

23日には非加盟国も増産に合意したものの、会合後の声明には明確な数字は盛り込まず、目標を上回っていた減産順守率を100%に戻して供給量を増やすことを確認した。

サウジのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は、OPECと非加盟産油国は今後数カ月、世界供給量の1%に相当する日量約100万バレルを増産すると発言。サウジは数十万バレルを増産するが、具体的な数字は今後決めると述べた。

ロシアのノバク・エネルギー相は、今年下半期に日量20万バレル生産を増やす方針を明らかにした。

イランとサウジが対立

OPEC第3の産油国であるイランは、米国がイランとベネズエラに制裁を科したことが最近の原油価格上昇の背景として、トランプ米大統領からの増産要求を拒否するよう主張した。

イランのザンギャネ石油相は、サウジがベネズエラの代わりに増産することは認められず、実際の増産は日量50万バレル程度にとどまる可能性を指摘。アーガス・メディアに対し「割り当て以下に生産を抑制してきた国は増産が可能だが、余力がない国はできない。つまり、サウジが増産できるのは日量10万バレルを下回る規模にとどまる」と述べた。

これに対してサウジのファリハ氏は、国別の割り当ては厳格である必要はないとして、他国分を埋める増産に前向きな姿勢を示した。

また、次の定例総会(12月3日)前の特別会合開催や、対イラン制裁により石油供給がさらに落ち込んだ場合、9月に供給調整を行う可能性を示した。9月には減産状況を確認する監視委員会が開催される予定。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT