ファルカオ、ポーランド戦は「決勝のように」

勝ち点が必須となる両者の対決

 6月22日、サッカーのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(左)が、W杯ロシア大会1次リーグのポーランド戦に向けて覚悟を示した。ロシアのサランスクで19日撮影(2018年 ロイター/Jason Cairnduff)

[カザニ(ロシア) 22日 ロイター] - サッカーのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオが、24日に行われるワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグのポーランド戦に向けて、覚悟を示した。

H組初戦では、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング8位のポーランドと16位のコロンビアが、同27位のセネガルと61位の日本にそれぞれ1─2で敗れた。

ポーランドは過去のW杯で初戦に敗れたときは1次リーグ突破を果たしたことがなく、その歴史を変えるためには、コロンビアに対して守りの強化が重要になる。

決勝トーナメントにつなぐためには、勝ち点が必須となる両者の対決。ファルカオは「それぞれのチームが激しくボールを取り合い、相手にスペースを与えないように戦う。決勝のような試合になるだろう」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT