フェラーリ、落札予想は史上最高値の50億円

1962年に製造した「250GTO」

 6月20日、米カリフォルニア州で8月に開催されるオークションに、イタリアの自動車メーカー、フェラーリが1962年に製造した「フェラーリ250GTO」が出品されることが明らかに。落札価格は自動車のオークション史上最高値となる4500万ドル(約49億6700万円)を上回ると予想されている。提供写真(2018年 ロイター/Courtesy Patrick Ernzen/RM Sotheby's)

[20日 ロイター] - 米カリフォルニア州で8月に開催されるオークションに、イタリアの自動車メーカー、フェラーリが1962年に製造した「フェラーリ250GTO」が出品される。落札価格は自動車のオークション史上最高値となる4500万ドル(約49億6700万円)を上回ると予想されている。

オークションを主催するRMサザビーズによると、この赤いフェラーリは、わずか36台しかない250GTOモデルのうちの1台だという。

2000年以降、ソフトウエア会社ニューメリックスの会長で自動車コレクターのグレッグ・ウイッテン氏が所有していた。

カリフォルニアのペブルビーチで開催されるモーターイベント「コンクール・デレガンス」で、8月24─25日にオークションが行われる。

これまでの自動車のオークションでの最高価格は、2014年に別の1962年製「フェラーリ250GTO」が付けた3810万ドル(約42億円)。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT