自販機横「無料レンタル傘」の秀逸な仕組み

ダイドーが展開、傘は電車内の忘れ物再利用

ダイドーの自販機に設置されている「レンタルアンブレラ」。無料で借りることができる(筆者撮影)

今の季節、何よりの問題が傘である。井上陽水も歌っていたけれど、駅に降り立って外は雨降り傘がない、となれば実に厄介だ。そして梅雨どきとしばしばゲリラ豪雨に見舞われる夏は、こうした問題が意外と頻繁に発生する。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

で、結局困り果ててコンビニや駅の売店でビニール傘を買い求め、それだって気がつけばどこかに忘れてしまってまた同じことの繰り返し。なかなか悩ましいものだ。

そんな、我ら庶民の大きな悩みを解決してくれるありがたいサービスがある。その名も「レンタルアンブレラ」。サービスを提供しているのはダイドードリンコ。あの自動販売機でちょっと変わった飲み物を売っているダイドーである。

全国で約500台の自販機に設置

そしてこの「レンタルアンブレラ」の何よりうれしいところは、“無料”であること。ダイドーの自販機の横に取り付けられたアンブレラBOXに刺さっている傘を、タダで借りていくことができるのだ。設置場所は関東地方で約190台、関西地方で約150台など、全国で実に500台ほど。急な雨降りには、とってもありがたいサービスなのである。

でも、タダだったらダイドーにとっては何の利益にもならないし、それどころか傘を返さずにそのまま盗られてしまうリスクだってある。このサービス、いったいどうして始めたのだろうか。

「このレンタルアンブレラは2015年、大阪エリア限定でスタートしました。おかげさまでご好評をいただいたので徐々に展開エリアを拡大し、今年からは福岡・山梨・長野・新潟でも開始。全国16都道府県で展開しています」

こう説明してくれたのは、ダイドードリンコの多田元樹さん。広報・CSRグループのリーダーで、この「レンタルアンブレラ」も担当しているという。

次ページなぜ無料で借りられる?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。