シャープが2000億円調達、優先株買い取り

財務体質を改善、成長戦略を加速化へ

 6月5日、シャープは、関東財務局に2000億円を上限とする新株発行を登録した。写真はシャープのロゴ。2016年10月に千葉で撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 5日 ロイター] - シャープ<6753.T>は5日、関東財務局に2000億円を上限とする新株発行を登録した。調達資金で金融機関が保有する優先株を買い取るほか、残額を設備投資などに充てる。配当率が高く、将来の株式希薄化につながる可能性のある優先株を買い取ることで、財務の改善を進める。

みずほ銀行と三菱UFJ銀行が保有するA種優先株を、約1850億円で買い取る。増資は効力が発生する13日から1年以内に行う予定。

両行が保有する優先株は配当率が日本円TIBOR(6カ月物)に2.5%を加算した数値に設定されており、「現在の財務状況等に照らせば高水準になっている」(同社)という。また、同優先株は2019年7月1日以降、普通株式への転換請求が可能となるため、希薄化懸念が株価の上値を抑える要因となる可能性もあった。

財務戦略の足かせとなっている優先株を買い取ることで、成長戦略を加速させる。

 

 

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT