トヨタ、米国で「カムリ」など80.3万台リコール

エアコン用熱交換器に不具合が生じる可能性

10月17日、 トヨタ自動車は、米国で「カムリ」など約80万3000台のセダン車をリコール(回収・無償修理)すると発表した。写真はトヨタのロゴ。シカゴで2011年2月撮影(2013年 ロイター/Frank Polich)

[17日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は17日、米国で「カムリ」など約80万3000台のセダン車をリコール(回収・無償修理)すると発表した。エアコン用熱交換器に不具合が生じる可能性があるためで、2012─2013年のモデルが対象。

世界全体では約88万5000台のリコール実施となる。カナダ(4万4000台)、メキシコ(1万0600台)、サウジアラビア(9100台)のほか、15カ国が対象。

トヨタによると、熱交換器からの水漏れでエアバッグが誤作動する可能性があるという。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。