トヨタ、米国で「カムリ」など80.3万台リコール

エアコン用熱交換器に不具合が生じる可能性

10月17日、 トヨタ自動車は、米国で「カムリ」など約80万3000台のセダン車をリコール(回収・無償修理)すると発表した。写真はトヨタのロゴ。シカゴで2011年2月撮影(2013年 ロイター/Frank Polich)

[17日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は17日、米国で「カムリ」など約80万3000台のセダン車をリコール(回収・無償修理)すると発表した。エアコン用熱交換器に不具合が生じる可能性があるためで、2012─2013年のモデルが対象。

世界全体では約88万5000台のリコール実施となる。カナダ(4万4000台)、メキシコ(1万0600台)、サウジアラビア(9100台)のほか、15カ国が対象。

トヨタによると、熱交換器からの水漏れでエアバッグが誤作動する可能性があるという。

人気記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。