トヨタ、米国で「カムリ」など80.3万台リコール

エアコン用熱交換器に不具合が生じる可能性

10月17日、 トヨタ自動車は、米国で「カムリ」など約80万3000台のセダン車をリコール(回収・無償修理)すると発表した。写真はトヨタのロゴ。シカゴで2011年2月撮影(2013年 ロイター/Frank Polich)

[17日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は17日、米国で「カムリ」など約80万3000台のセダン車をリコール(回収・無償修理)すると発表した。エアコン用熱交換器に不具合が生じる可能性があるためで、2012─2013年のモデルが対象。

世界全体では約88万5000台のリコール実施となる。カナダ(4万4000台)、メキシコ(1万0600台)、サウジアラビア(9100台)のほか、15カ国が対象。

トヨタによると、熱交換器からの水漏れでエアバッグが誤作動する可能性があるという。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT