フェイスブック、200のアプリを利用停止に 

情報流用を受けた調査で問題アプリが判明

 5月14日、米フェイスブックは、英コンサルティング会社による情報不正流用を受けた調査の一環として、大量のユーザーデータへのアクセスが可能だった約200のアプリについて利用を停止したことを明らかにした。写真は3月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[14日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は、英コンサルティング会社による情報不正流用を受けた調査の一環として、大量のユーザーデータへのアクセスが可能だった約200のアプリについて利用を停止したことを明らかにした。

情報の不正流用があったかどうか詳しい調査を進める間、利用を停止する。

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、同社がデータへのアクセスを制限した2014年以前に大量のデータにアクセスできた全てのアプリを調査する方針を示していた。

フェイスブックはこれまでに数千のアプリを調査したとしている。ただ、データを不正流用した可能性のある全てのアプリを特定するためにはさらなる作業が必要であり、時間がかかる見通しという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。