フェイスブック、200のアプリを利用停止に 

情報流用を受けた調査で問題アプリが判明

 5月14日、米フェイスブックは、英コンサルティング会社による情報不正流用を受けた調査の一環として、大量のユーザーデータへのアクセスが可能だった約200のアプリについて利用を停止したことを明らかにした。写真は3月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[14日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は、英コンサルティング会社による情報不正流用を受けた調査の一環として、大量のユーザーデータへのアクセスが可能だった約200のアプリについて利用を停止したことを明らかにした。

情報の不正流用があったかどうか詳しい調査を進める間、利用を停止する。

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、同社がデータへのアクセスを制限した2014年以前に大量のデータにアクセスできた全てのアプリを調査する方針を示していた。

フェイスブックはこれまでに数千のアプリを調査したとしている。ただ、データを不正流用した可能性のある全てのアプリを特定するためにはさらなる作業が必要であり、時間がかかる見通しという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。