フェイスブック、200のアプリを利用停止に 

情報流用を受けた調査で問題アプリが判明

 5月14日、米フェイスブックは、英コンサルティング会社による情報不正流用を受けた調査の一環として、大量のユーザーデータへのアクセスが可能だった約200のアプリについて利用を停止したことを明らかにした。写真は3月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[14日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は、英コンサルティング会社による情報不正流用を受けた調査の一環として、大量のユーザーデータへのアクセスが可能だった約200のアプリについて利用を停止したことを明らかにした。

情報の不正流用があったかどうか詳しい調査を進める間、利用を停止する。

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、同社がデータへのアクセスを制限した2014年以前に大量のデータにアクセスできた全てのアプリを調査する方針を示していた。

フェイスブックはこれまでに数千のアプリを調査したとしている。ただ、データを不正流用した可能性のある全てのアプリを特定するためにはさらなる作業が必要であり、時間がかかる見通しという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT