フェイスブック、200のアプリを利用停止に 

情報流用を受けた調査で問題アプリが判明

 5月14日、米フェイスブックは、英コンサルティング会社による情報不正流用を受けた調査の一環として、大量のユーザーデータへのアクセスが可能だった約200のアプリについて利用を停止したことを明らかにした。写真は3月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[14日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は、英コンサルティング会社による情報不正流用を受けた調査の一環として、大量のユーザーデータへのアクセスが可能だった約200のアプリについて利用を停止したことを明らかにした。

情報の不正流用があったかどうか詳しい調査を進める間、利用を停止する。

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、同社がデータへのアクセスを制限した2014年以前に大量のデータにアクセスできた全てのアプリを調査する方針を示していた。

フェイスブックはこれまでに数千のアプリを調査したとしている。ただ、データを不正流用した可能性のある全てのアプリを特定するためにはさらなる作業が必要であり、時間がかかる見通しという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT