米アップル、バーバリーCEOを起用

ブランド力を再強化へ

10月15日、米アップルは小売り・オンライン販売の戦略・事業拡大・執行担当の上級副社長に英バーバリーのアーレンツCEOを起用する。写真は2010年11月撮影(2013年 ロイター/Paul Hackett)

[サンフランシスコ/ロンドン 15日 ロイター] - 米アップルは小売り・オンライン販売の戦略・事業拡大・執行担当の上級副社長に英高級ファッションブランド、バーバリー のアンジェラ・アーレンツ最高経営責任者(CEO)を起用する。

アーレンツ氏はバーバリーでデジタル技術を活用して力強いオンライン事業を築き上げるとともに、中国と中南米の市場を開拓、老舗ブランドを再構築した。

アップルはアーレンツ氏に同様の手腕発揮を期待している。アップルのティム・クックCEOはアーレンツ氏に、スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」とタブレット型多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」の販売拡大に加え、同社のブランドに一定の輝きを取り戻すことを任せる方針だ。

アーレンツ氏にとって主要な課題の1つは、中国での売り上げを押し上げることになるだろう。アナリストは、ブランドの価値を損なわずに比較的低価格の商品を導入するというバーバリーでの経験をアーレンツ氏が生かすことができると話している。

アーレンツ氏は、アップルとしては約10年ぶりの女性取締役となる。アップルはアーレンツ氏へ支払う報酬については公表していないが、同氏はバーバリーでは2011─12年度に1560万ポンド(2500万ドル)、12─13年度には680万ポンドの報酬を受け取っていた。

ただ、バーバリーとアップルでは取り扱う商品が全く異なるため、アーレンツ氏がアップルで商品の品ぞろえについて発言権を持つかどうかは明らかではない。

アーレンツ氏はまた、アップルのブランド展開の戦術を頻繁に利用しているサムスン電子<005930.KS>といったライバル勢からの脅威にも立ち向かう必要がある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アメリカの新常識<br>「バイデン勝利」で何が変わるか

コロナ対応をめぐって失点を重ねたトランプ大統領。各種調査では、再選は危うい状況になっています。バイデン氏の勝利によって、またもや米国は激変しそうです。待ち受ける政治・外交・経済の変化に加え、日本への影響や課題についても先読みします。

東洋経済education×ICT