米アップル、バーバリーCEOを起用

ブランド力を再強化へ

10月15日、米アップルは小売り・オンライン販売の戦略・事業拡大・執行担当の上級副社長に英バーバリーのアーレンツCEOを起用する。写真は2010年11月撮影(2013年 ロイター/Paul Hackett)

[サンフランシスコ/ロンドン 15日 ロイター] - 米アップルは小売り・オンライン販売の戦略・事業拡大・執行担当の上級副社長に英高級ファッションブランド、バーバリー のアンジェラ・アーレンツ最高経営責任者(CEO)を起用する。

アーレンツ氏はバーバリーでデジタル技術を活用して力強いオンライン事業を築き上げるとともに、中国と中南米の市場を開拓、老舗ブランドを再構築した。

アップルはアーレンツ氏に同様の手腕発揮を期待している。アップルのティム・クックCEOはアーレンツ氏に、スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」とタブレット型多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」の販売拡大に加え、同社のブランドに一定の輝きを取り戻すことを任せる方針だ。

アーレンツ氏にとって主要な課題の1つは、中国での売り上げを押し上げることになるだろう。アナリストは、ブランドの価値を損なわずに比較的低価格の商品を導入するというバーバリーでの経験をアーレンツ氏が生かすことができると話している。

アーレンツ氏は、アップルとしては約10年ぶりの女性取締役となる。アップルはアーレンツ氏へ支払う報酬については公表していないが、同氏はバーバリーでは2011─12年度に1560万ポンド(2500万ドル)、12─13年度には680万ポンドの報酬を受け取っていた。

ただ、バーバリーとアップルでは取り扱う商品が全く異なるため、アーレンツ氏がアップルで商品の品ぞろえについて発言権を持つかどうかは明らかではない。

アーレンツ氏はまた、アップルのブランド展開の戦術を頻繁に利用しているサムスン電子<005930.KS>といったライバル勢からの脅威にも立ち向かう必要がある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT