米アップル、バーバリーCEOを起用

ブランド力を再強化へ

10月15日、米アップルは小売り・オンライン販売の戦略・事業拡大・執行担当の上級副社長に英バーバリーのアーレンツCEOを起用する。写真は2010年11月撮影(2013年 ロイター/Paul Hackett)

[サンフランシスコ/ロンドン 15日 ロイター] - 米アップルは小売り・オンライン販売の戦略・事業拡大・執行担当の上級副社長に英高級ファッションブランド、バーバリー のアンジェラ・アーレンツ最高経営責任者(CEO)を起用する。

アーレンツ氏はバーバリーでデジタル技術を活用して力強いオンライン事業を築き上げるとともに、中国と中南米の市場を開拓、老舗ブランドを再構築した。

アップルはアーレンツ氏に同様の手腕発揮を期待している。アップルのティム・クックCEOはアーレンツ氏に、スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」とタブレット型多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」の販売拡大に加え、同社のブランドに一定の輝きを取り戻すことを任せる方針だ。

アーレンツ氏にとって主要な課題の1つは、中国での売り上げを押し上げることになるだろう。アナリストは、ブランドの価値を損なわずに比較的低価格の商品を導入するというバーバリーでの経験をアーレンツ氏が生かすことができると話している。

アーレンツ氏は、アップルとしては約10年ぶりの女性取締役となる。アップルはアーレンツ氏へ支払う報酬については公表していないが、同氏はバーバリーでは2011─12年度に1560万ポンド(2500万ドル)、12─13年度には680万ポンドの報酬を受け取っていた。

ただ、バーバリーとアップルでは取り扱う商品が全く異なるため、アーレンツ氏がアップルで商品の品ぞろえについて発言権を持つかどうかは明らかではない。

アーレンツ氏はまた、アップルのブランド展開の戦術を頻繁に利用しているサムスン電子<005930.KS>といったライバル勢からの脅威にも立ち向かう必要がある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT