BMW「X2」は激戦の小型SUVを制覇できるか 香取慎吾さんを起用した狙いとは?

拡大
縮小

トヨタも2018年冬、高級車ブランド「レクサス」から新型コンパクトSUV「UX」の日本投入を予定している。BMWとしてもコンパクトSUV市場は今が攻め時との認識だ。

X2は日本国内での台数増の主軸を担ってきたX1に続くSUVのエントリーモデルと位置づけ、他の輸入車ブランドだけでなく、国産車からの乗り換え需要にも照準を定める。

有名タレント起用で親しみやすさ演出

X2の記者発表会見では、元SMAPでタレントの香取慎吾さんをイメージキャラクターとして起用したことも同時に発表し、クロンシュナーブル社長と並んで一緒に車をアピールした。

新型「X2」の発表会では、イメージキャラクターに起用されたタレントの香取慎吾さんと、BMW日本法人のペーター・クロンシュナーブル社長との対談も行われた(撮影:梅谷秀司)

欧州の高級車ブランドの宣伝活動は本社の意向が強く反映されることが多く、日本人タレントの起用はこれまで少なかった。だが、ここ2~3年で起用例が徐々に増えてきている。BMWでも昨年に起用した元サッカー日本代表の中田英寿さんに続く2例目だが、本格的なマーケティング活動でタレントを起用するのは、香取さんが初めてだという。

BMWでは今後、香取さんが登場してX2の魅力を発信するインターネット動画を製作し、公開する予定だ。ブランドへの親しみやすさを演出し、従来にはなかった客層の拡大を狙う戦略だが、その一方で質実剛健で落ち着いたBMWのブランドイメージと両立するかという課題もある。狙い通りミレニアル世代の取り込みに成功するか。そのマーケティング戦略とともに注目が集まる。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT