景気は拡大局面、8年ぶりの高い水準へ

『会社四季報』 有力エコノミスト景気調査(1)

景気は企業業績を最大の牽引役として8年ぶりの高い水準へ。最大の注目点は「消費増税の行方」。「注目の業種」は「機械」が「輸送用機器」と「不動産業」を抜いて初の1位となり、「電気機器」は4位へ急浮上――有力エコノミスト各氏への「景気四季報」調査の集計結果だ(『会社四季報』2013年4集 秋号6~9ページ掲載、8月調査、前回の調査はこちら

景気水準は、2012年11月の18.3ポイントという「やや悪い水準」(小雨)を直近のボトムとして、景気循環のうち「回復局面」そして「拡大局面」へと駆け上がってきた。

調査時点の8月は70.2ポイントと、07年8月以来6年ぶりとなる「ややよい水準」(薄曇り)の範囲にまで達している。先行きについては、3カ月後への景気の「方向性」と、6カ月後の景気の「水準」を尋ねた。

11月(調査時点から3か月後)の景気の方向性は、「企業業績」(78.6ポイント)を最大の牽引役として、「ややよくなる方向」(↗)へ向かうとの予想となった。6カ月後(14年2月)の景気水準は、82.1ポイントと、実に06年2月以来8年ぶりとなる高い水準に達すると予想されている。

次ページ先行きの見通しは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT