ゾゾ幹部の「バラマキ送金」に隠された"火種"

ポケットマネーであれば問題ナシなのか?

個人で登録しているIDにおける発言や施策ではあるものの、所属企業を利する意図がある以上、景品表示法上の問題となる可能性がある。

本件は、たしかに“悪ふざけ”なのかもしれない。しかしLINE Payだけでなく、手軽に低い手数料で、相手の素性を確認することなく簡単にIDだけで送金できるサービスはフェイスブックをはじめ多数登場している。そこで、個人のポケットマネーであると宣言したうえで送金し、送金相手を特定サービス事業や商品へと誘導する手法の妥当性について取材した。

今回のケースは“来店誘引”に相当

本件については、事の経緯について消費者庁に確認してもらったうえで、「同様のやり方でおカネを配布し、個人が所属する企業のサービスの利用を促す行為に問題はあるか」という質問をぶつけてみた。

「この場での判断は行えない」。そう断ったうえで、消費者庁の担当者は本件について次のように答えてくれた。

今回のケースは“来店誘引”に相当する。つまり、特定のサービスを使って商品を購入することを促すケースだが、割引券、あるいは割引券に相当する“ショッピングポイント”の贈呈ならば、景品表示法の問題はない(ただし、商品を販売しているサイトの価格帯から明らかに逸脱した高額のポイントや割引ならば問題になる)。

しかし、現金あるいはそれに相当する、つまりどんな場所でも利用できるのであれば、それは景品として判断される。LINE Payは当然ながら景品となる。今回はこちらのケースだが、たとえ景品であったとしても個人が配布することにはまったく問題はない。

問題は個人の行為なのか、サービス事業者の行為を代行しているかの判断に依拠する。

次ページ“個人とはいえない”と指摘されるリスク
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT