ロヒンギャ難民キャンプで会ったドラえもん

過酷な環境に暮らす子どもたちの今

両親がおらず助け合って暮らす姉妹と弟(筆者撮影)

難民の中には両親がおらず、子どもたちだけの世帯もある。18歳の少女ヌル・シャバは、14歳の弟、7歳の妹とメガキャンプで暮らす。竹を売って生活していた貧しい一家の両親は、2年ほど前に相次いで病死し、昨年8月末に村々が襲われた時、3人は助け合いながら5日間歩いて国境を越えた。「逃げる途中、たくさんの村人の死体が道端に転がっているのを見ました。私たちの家も焼かれてしまったと思います」。

母親代わりのヌルは朝5時に起きて少量のコメを炊き、豆カレーを煮て3人で分け合う。弟と妹は仮設教室に通うが、ヌルは歩いて20分ほどの配給所に並んでコメや食用油を受け取ったり、井戸端で洗濯したりという単調な日々である。キャンプに野菜や卵、干し魚などを売る店もあるが「おカネを持っていないので何も買えません。近くにいる叔母が時々、魚カレーを持ってきてくれるのが唯一のご馳走です」。

女性や子どもの人身売買のうわさが絶えない

そんなヌルにミャンマーに帰りたいか尋ねると、少し考えて「帰りたくありません。キャンプの生活は大変ですが、ここでは誰かにいじめられる心配がなく、夜も安心して眠れますから」と答えた。

国際社会の全面支援を受けているものの、難民キャンプの厳しい状況は変わらない。キャンプ内では昨年12月から年明けにかけて、急性感染症のジフテリアが蔓延し、子どもなど少なくとも37人が死亡した。

国連の支援でバングラデシュ政府が大規模な予防接種を実施し、現在ほぼ終息しているが、医療系NGOの医師は「開発途上国でも子どもの予防接種が普及した今日、ジフテリアの感染は世界的に珍しく、私たちも治療した経験がほとんどない。ミャンマー国内でロヒンギャが公的な保健サービスにアクセスできていなかった証拠だろう」と指摘する。

無数に出入りがある広大な迷路のようなキャンプでは、若い女性や子どもを誘拐する人身売買のうわさが絶えず、特に初期には行方不明になる子どもがいたようだ。キャンプ内で女の子に道案内を頼んだら、“人さらい”とでも思われたか、しばらく母親が後をついてきたこともある。

イスラム特有の保守的な考え方もあるのだろうが、ある時、顔見知りになったイスラム教師の男性に「家族全員そろった写真を撮らせてほしい」と頼んだところ、「娘たちを人前に出したくないなあ」と渋った。やっと了承して男性が家族に外に出るよう命じると、粗末なテントの奥から目を見張るような美人3姉妹が現れ、「父親が外に出すのを嫌がるわけだ」と納得した。

次ページ4月下旬からの雨季で懸念されるのは
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。