高速道路を時速235キロ、暴走男の深刻度

国内最悪のスピード違反、懲役刑も

ナンバーを外して135キロも速度超過したことにはどのような罰則があるのでしょうか(写真:chinaface / iStock)

警視庁は3月1日、時速235キロで高速道路を走行したとして、東京都世田谷区の会社員男性を道路交通法違反(速度超過)の疑いで逮捕した。国内最悪のスピード違反だという。

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

読売新聞の報道などによると、男性は2016年1月29日午前4時15分ごろ、東京都国立市の中央道上り線で、法定速度を135キロ上回る235キロで運転した疑いが持たれている。車は米国製のチャレンジャーで、ナンバーが外されていたという。オービス(速度違反自動監視装置)が検知した。オービスの映像をもとに、昨年から任意聴取するなどの捜査をしていた。

とんでもないスピード違反だが、ナンバーを外して135キロも速度超過したことにはどのような罰則があるのだろうか。平岡将人弁護士に聞いた。

ナンバー外しは50万円以下の罰金刑

「国内最悪の、法定速度を135キロも上回る運転ということで危険性はいうまでもありません。しかもそのような危険な運転を、オービス設置の道路でやっています。否認しているとのことですので、逮捕された人を犯人であると決め付けるべきではありませんが、警察もこのような運転を放置していれば、模倣者をうみますので、2年もかけて捜査をしたのでしょう」

どんな罰則が考えられるのか。

次ページナンバーを外すという行為は…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。