「自動運転車」の事故、誰が責任を負うのか

被害者への補償方法など普及には課題が山積

安全運転支援システムの人気は高いが、過信は禁物だ(記者撮影)

「急に加速・減速した」「衝突被害軽減ブレーキ(AEB)が効かなかった」「急停車した」……。

国民生活センターが安全運転支援システムを備える自動車のユーザー、2000人に実施したアンケート。1月中旬に結果が発表され、4人に1人が“想定外の出来事”を経験したことが明らかになった。

安全運転支援システムの代表的なものがAEBや車間距離制御装置(ACC)だ。自動車メーカー各社は近年導入を加速させている。

国土交通省によると、2011年の新車生産台数に占めるAEB搭載車の割合はわずかに1%台だったが、2016年には約60%にまで拡大。自動車事故は「原因の9割以上は運転者の過失」といわれるが、AEBなどの普及により減少傾向だ。

自動車保険を販売する損害保険各社は今年1月から、AEB搭載車について保険料を平均9%割り引く制度を導入している。

急停車での重傷事故も

アンケート結果によると、想定外の出来事を経験した人のうち2割が「他車や構造物に接触した」「部品が破損した」などの事故に遭ったという。全体の6%に当たる。

ただ、「想定外」が発生したのが、「システムへの過信」によるものか「誤作動」によるものかは、アンケート結果からはわかりにくい。「急に加速・減速した」というのは他車を自動追従する機能であるACCの正常な作動範囲とも言えるし、「AEBが効かなかった」というのも、速度域や天候状態などで装置が作動停止していただけかもしれない。

それでも、「急停車した」というのはシステムの誤作動の可能性がある。国民生活センターには過去5年間に安全運転支援システムにかかわる相談が約140件寄せられており、その中に「進行方向の左手にある電柱に反応し急停車した」という苦情があった。また急停車により1カ月以上の重傷を負った人もいたという。

次ページ自動運転レベルが上がると新たな問題が浮上
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT