1ドル一時106円台、日経平均2万1000円割れ

1年3カ月ぶり円高、ドル安はどこまで進むか 

 2月14日、東京外為市場でドルは一時106.99円まで下落し、2016年11月以来1年3カ月ぶりの安値をつけた。2017年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

[東京 14日 ロイター] - 東京外為市場で14日、ドルは一時106.99円まで下落し、2016年11月以来1年3カ月ぶりの安値をつけた。投機筋の仕掛け的な円買いで107.01円まで下落した後、いったん持ち直したが、再び下押しが強まった。

円高進行を嫌気して、東京株式市場では日経平均が2万1000円を割り込み、昨年10月以来の安値水準で推移している。200日移動平均線も下回った。

市場では、ドルが重要サポートポイントとされていた昨年安値107.32円を下回ったことで、下値余地が2016年安値から高値への上昇幅に対する61.8%押しの106.51円レベルに広がった。

午前の記者会見で菅義偉官房長官が「為替の安定はきわめて重要。緊張感をもって注視している」と述べたが、市場の反応は限定的だった。市場では「これ以上円高が進めば政府筋から口先介入が入りやすくなるが『注視する』では弱い。一時的にスピードを緩める効果はあっても、ドルを持ち上げるエネルギーにはならない」(外為アナリスト)との声が出ていた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。