米拠点ファンド、1週間で239億ドルの流出

週単位で過去最大、安全への逃避起きる

 2月8日、トムソン・ロイター傘下の投信情報会社リッパーが公表したデータによると、7日までの1週間に、株式に投資する米国拠点のファンドから239億ドルの資金が流出し、流出額は過去最大となった。写真はニューヨーク証券取引所で6日撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 8日 ロイター] - トムソン・ロイター傘下の投信情報会社リッパーが8日公表したデータによると、7日までの1週間に、株式に投資する米国拠点のファンドから239億ドルの資金が流出し、流出額は過去最大となった。

株式ミューチュアルファンドおよび株式上場投資信託(ETF)が含まれる。リッパーは1992年以降、データを集計している。

リッパーのシニア調査アナリスト、パット・キオン氏は「安全への逃避が起きている。株式から資金が去り、多くはマネーマーケットに向かっている」と指摘した。

マネー・マーケット・ファンド(MMF)には7日までの1週間で308億ドルの資金が流入した。

同氏は米拠点株式ファンドの資金流出について、ETFからの流出が大部分を占めたと指摘。ETFは高速取引を手掛ける機関投資家がよく利用している。

リッパーによると、資金流出額は株式ETFからが210億ドル、株式ミューチュアルファンドからが30億ドルだった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT