米拠点ファンド、1週間で239億ドルの流出

週単位で過去最大、安全への逃避起きる

 2月8日、トムソン・ロイター傘下の投信情報会社リッパーが公表したデータによると、7日までの1週間に、株式に投資する米国拠点のファンドから239億ドルの資金が流出し、流出額は過去最大となった。写真はニューヨーク証券取引所で6日撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 8日 ロイター] - トムソン・ロイター傘下の投信情報会社リッパーが8日公表したデータによると、7日までの1週間に、株式に投資する米国拠点のファンドから239億ドルの資金が流出し、流出額は過去最大となった。

株式ミューチュアルファンドおよび株式上場投資信託(ETF)が含まれる。リッパーは1992年以降、データを集計している。

リッパーのシニア調査アナリスト、パット・キオン氏は「安全への逃避が起きている。株式から資金が去り、多くはマネーマーケットに向かっている」と指摘した。

マネー・マーケット・ファンド(MMF)には7日までの1週間で308億ドルの資金が流入した。

同氏は米拠点株式ファンドの資金流出について、ETFからの流出が大部分を占めたと指摘。ETFは高速取引を手掛ける機関投資家がよく利用している。

リッパーによると、資金流出額は株式ETFからが210億ドル、株式ミューチュアルファンドからが30億ドルだった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。