9月は他社から契約者流入で「良い結果」

KDDI 田中孝司社長

10月2日、KDDIの田中孝司社長は、9月はソフトバンクからもNTTドコモからも契約者が流入しており、良い結果だったと述べた。写真は同社携帯サービスブランドauのロゴ。昨年5月撮影(2013年 ロイター/Issei Kato)

[東京 2日 ロイター] - KDDI<9433.T>の田中孝司社長は2日、9月の携帯電話契約数について、ソフトバンク<9984.T>とNTTドコモ<9437.T>からともに顧客が流入したことを明らかにした。

携帯電話の契約者数は、主要3社の中で唯一米アップルの「iPhone(アイフォーン)」を取り扱っていなかったドコモから顧客の流出が続いていた。しかしドコモの9月20日の新モデル発売を機に3社すべてが販売するようになり、契約者の流れに変化が生じるかどうかが注目されている。

携帯電話の新商品発表会で会見した田中社長は「幸いにも20日の発売後、両社から(契約者の)転入が続いている。在庫がない中でよくできたなと思っている」と説明。 新モデルの売れ筋「5s」の在庫は不足しているものの、代わって前モデルの「5」が売れたという。田中社長は「(9月は)非常に良い結果に終わった」と語った。

一方、ソフトバンクの孫正義社長は9月30日の新商品発表で会見し、「ネットワークが不満で(契約者が)流出するリスクはなくなった。雪崩を打ってドコモやauに逃げていくようなことがないことは、実際にアイフォンーンが発売されて確認できた」と話している。

9月の携帯電話契約数は、各社とも10月7日に発表する。

(久保信博)

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT