日経平均7日寄り付き急反発、2万2000円台へ

上げ幅は600円超、東証33業種すべてが上昇 

 2月7日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比391円05銭高の2万2001円29銭高となり、急反発で始まった。写真は東京証券取引所のモニター。6日撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 7日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比391円05銭高の2万2001円29銭高となり、急反発で始まった。

暴落した米国株が一旦下げ止まったことを支えに、幅広く買い戻しが入り、前日に下回った2万2000円の水準を一日で回復した。

上げ幅はその後一時600円超に拡大。東証33業種全てが値上がりしている。前日に業績予想を上方修正したトヨタ自動車<7203.T>は前日比4%を超す上昇となっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT