日経平均7日寄り付き急反発、2万2000円台へ

上げ幅は600円超、東証33業種すべてが上昇 

 2月7日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比391円05銭高の2万2001円29銭高となり、急反発で始まった。写真は東京証券取引所のモニター。6日撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 7日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比391円05銭高の2万2001円29銭高となり、急反発で始まった。

暴落した米国株が一旦下げ止まったことを支えに、幅広く買い戻しが入り、前日に下回った2万2000円の水準を一日で回復した。

上げ幅はその後一時600円超に拡大。東証33業種全てが値上がりしている。前日に業績予想を上方修正したトヨタ自動車<7203.T>は前日比4%を超す上昇となっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。