日経平均7日寄り付き急反発、2万2000円台へ

上げ幅は600円超、東証33業種すべてが上昇 

 2月7日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比391円05銭高の2万2001円29銭高となり、急反発で始まった。写真は東京証券取引所のモニター。6日撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 7日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比391円05銭高の2万2001円29銭高となり、急反発で始まった。

暴落した米国株が一旦下げ止まったことを支えに、幅広く買い戻しが入り、前日に下回った2万2000円の水準を一日で回復した。

上げ幅はその後一時600円超に拡大。東証33業種全てが値上がりしている。前日に業績予想を上方修正したトヨタ自動車<7203.T>は前日比4%を超す上昇となっている。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。