TGV遅延で仏国鉄トップの「神対応」が話題に

車内の乗客に自ら謝罪、異例の「逆走」も指示

ペピ社長のトラブル対応で、とりわけすばらしいと称賛されているのが、その危機回避の瞬時の判断力である。

事故は約30km前方で発生し、列車は13時35分ごろ緊急停止した。高速線は複線区間だが、対向する線路も不通となり、前進できなかった。そこで、ペピ社長はリール方向に引き返す選択をとった。高速線と在来線の分岐点まで戻り、そこから在来線を走行し、パリに向かったのだ。結果、定刻から約1時間遅れでパリ北駅まで無事に乗客を輸送することができた。被害は最小限にとどめられた。

ペピ社長の“英断”の簡略図。TGVは高速線を分岐点まで逆走し、そこから在来線を走行 ※取材をもとに筆者作成

列車が逆走を始めた時も、ペピ社長はマイクも使うことなく、「このままでは、2、3時間も高速線にとどまることになる。より賢い選択として、アラスにある分岐点まで戻り、在来線を走り、パリに向かう」と説明して歩いた。

もちろん、社長がすべてをひとりで決断し、危機回避の命令を下したわけではない。だが、高速線にとどまるか在来線を進むかの選択で、どちらが最適かは車中の社長本人こそが、もっともよく把握できた。そして、フランスは高速線も在来線も同じ1435mm軌間で敷かれ、緊急時には高速列車も在来線で運行できる臨機応変なオペレーションも称賛に値する。

ユーロスターが起こした人身事故は、事故後、約800mも線路を清掃しなければならないほどの大惨事だった。それを考えれば、約20本の高速列車が2~3時間の遅延で済んだ事実から、ペピ社長のリーダーシップと英断により、被害を最小限に抑えたとの評価が適切だろう。

ペピ社長は謝罪せざるを得なかった?

SNCFに対し、ネガティブな視線でこの一件を見るとすれば、ペピ社長は、どうしてもこの行動をとらざるを得なかったとも言える。

というのも、2017年末、パリのターミナル駅で連続して電気系統の故障が発生し、列車が運休になる事態があった。12月3日にモンパルナス駅、同26日にサン・ラザール駅。しかも、サン・ラザール駅は朝9時40分に故障し、運行再開が昼12時15分という、フランスではクリスマスからの年末休暇が始まった時期と重なり、影響が大きすぎた。

連続した不祥事の原因説明のため、1月8日にペピ社長は運輸担当大臣エリザベット・ボルヌ氏から、“異例”の呼び出しを受けている。SNCFの広報担当も、この事実を認め、以下のように説明する。

「年末の連続した故障以来、何かトラブルが発生すれば、社長のペピも乗客に対し、早急に対処する義務があった」

次ページTGVの定時運行率は72.6%
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。