江東区民の悲願、「豊洲-住吉間地下鉄」の成否

区の報告書にメトロへのメッセージが?

発展が続く豊洲。江東区はここから住吉までの地下鉄延伸構想に力を入れている(写真:ワンセブン / PIXTA)

人口が増え続ける江東区。都心回帰の流れが高まる中、1995年には39万5000人だった人口が、2017年には51万人に近づこうとしている。鉄道の混雑は深刻化し、南北の移動を担うバスも混雑している。

そんな中、江東区は地下鉄「東京8号線」の延伸に力を入れている。東京8号線とは地下鉄有楽町線のことで、同区が目指しているのは豊洲から分岐し、半蔵門線・都営新宿線が乗り入れる住吉までの延伸だ。

東京8号線の延伸は、1972年に都市交通審議会で亀有への分岐が初めて答申され、1982年には営団地下鉄により豊洲―亀有間の免許が申請されている。1985年には豊洲―亀有間を2000年までに整備することが適当と運輸政策審議会が答申した。2000年には豊洲―野田市間を2015年までに整備するという運輸政策審議会の答申もあった。

江東区はやる気だ

東京8号線(豊洲―住吉)の計画路線と周辺の路線概要(編集部作成)

だが、この路線はいまだに造られていない。豊洲駅と住吉駅には、この路線を導入することを想定した場所が確保されているものの、それ以外の箇所の建設は着手されていない。それどころか、2004年に営団地下鉄が東京メトロへと民営化された際、同社は副都心線を最後に新線の整備を行わない方針を立てた。

しかし、江東区はあきらめなかった。人口が増加しつつあった2010年度、豊洲―住吉間の延伸に関する検討会を開始した。2012年度には同区間の事業化検討委員会、2013年度には延伸に関する懇談会を設置した。

東京都は2015年7月に公表した「広域交通ネットワーク計画について」の中で、この区間を「整備について優先的に検討すべき路線」であるとし、翌2016年4月に交通政策審議会が取りまとめた東京圏の鉄道整備についての答申では「国際競争力の強化に資する鉄道ネットワークのプロジェクト」に指定された。

次ページ開発が進む豊洲と区の内陸部を結ぶ
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。