お化け屋敷を撤去、ロンドン駅ナカ最新事情

英国でも駅活用型ビジネスが動き出した

改修が終わったロンドンブリッジ駅の構内には「ご不便をかけました」と詫びる駅の看板が。クレーンでティーバッグを引っ張っている(筆者撮影)

「ここってあの気持ち悪いお化け屋敷があったところだろう?こんなピカピカな駅になるとは……なんてアメージングなんだ!」

お正月休み明けの1月2日にオープンしたロンドンブリッジ駅の新しいコンコース。筆者とともに電車を待っていた会社員、ポールさんがそうつぶやいた。

新たなコンコースは鉄道駅というよりむしろ、ハブ空港の出発ロビーという雰囲気だ。ガラス張りのエレベーターが並び、何本もの長いエスカレーターがコンコースからホームへと延びている。

同駅の運営会社で、英国の鉄道インフラ整備を一手に引き受けているネットワークレールはこの新しいコンコースについて「(イングランドのサッカーの聖地である)ウェンブリーのピッチより広い」と自慢。ショップや飲食施設が入るスペースは改装前と比べ10倍に広がった。

同社は、ロンドンブリッジ駅をはじめとする直営の17駅にショッピングとグルメスポット機能を持たせ、新たな収益の柱にしようとしている。日本ではすでに「エキナカビジネス」ということばが定着し、構内ショップの充実が著しいが、果たしてイギリスではどんな方向に向かっているのだろうか。その状況を追ってみよう。

改装でお化け屋敷も追放

ロンドンブリッジ駅は、ロンドン南郊外と市の中心部を結ぶターミナルとして、毎朝たくさんの通勤客が降り立つ。駅の乗降人数では国内4位だ。ベッドタウンが郊外に次々と生まれる中、旅客需要に駅施設の容量が耐え切れなくなり、コンコースの新設を含めた抜本的な解決を迫られていた。

かつてロンドンブリッジ駅ガード下にあった「恐怖の館」ロンドン・ダンジョン(Photo / from www.CGPGrey.com)

そうした中、改装に向けた地元自治体からの承認を2011年に取得。その後、2013年春に着工し、4年以上の年月をかけてようやく新しい駅コンコースの完成にこぎつけた。

コンコースはもともと高架ホームの橋脚だった部分へ新たに造られた。ガード下にはかつて一般のお店のほか、「恐怖の館」として観光客の人気も高かったお化け屋敷「ロンドンダンジョン」があった。駅の入口で客引きに立つ“お化け”を記憶している市民も多い。しかし、2013年には駅改装に伴い、「恐怖の館」もガード下から追い出される格好となった。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT